お風呂でイチャイチャして、プレイスタート

デリヘル風俗遊びで、女の子が到着したら、まずはお風呂に一緒に入ることになります。お風呂はあらかじめ、お湯を溜めておくようにするといいでしょう。もちろんお湯を溜めておかなくても、女の子が来れば、やってくれることですが、それだけしてあげておいてあげるだけで、女の子もよろこび、気分が高まることになります。

お風呂では、女の子が体を洗ってくれます。ここで、ただじっとして、体を洗ってもらってもいいですが、それよりは、せっかくですから、いっしょにイチャイチャし、恋人気分をたのしむことがいいでしょう。

もちろんこれは、あらかじめ女の子に、
「お風呂でキスしたりしてもいい?」
などと、聞いておかないといけないことです。しかし、きちんと聞きさえすれば、女の子もべつに嫌がることではありません。

デリヘル遊びは、「いかに恋人気分になれるか」が、たのしむための大きなポイントです。女の子もそれはわかっていますから、きちんと協力してくれるでしょう。

デリヘル嬢も女の子

あなたはデリヘル嬢に対してどのような態度で臨んでいますか?お客として接している場合には、意識を改革させていく必要があるかもしれません。
デリヘル嬢は、ほかの風俗嬢と比べると素人の女の子が多いといわれています。身バレする危険があまりない上に、出勤時間も自由に決めることができるからです。その上、ほかの風俗よりも収入が多い・・・店をもっていないため、店側から取られる割合も少ない・・・バック率が高いんですね。

さて、素人が多いのに、客としての態度で臨んでしまうとどうなるでしょうか。プロ意識が高いソープ嬢などであっても、上から目線で接されるのは激しく嫌うといいます。素人同然の女の子たちだったら、特にそうでしょう。あまりにひどい場合には、次から指名を受け付けなくなってくれます。
やはりプレイは相互に気持ち良く楽しみたいものです。そのためには、デリ嬢を一人の女の子として扱ってあげることが重要です。実際、奴隷のように扱う男性も多いものですから、普通に接するだけでもかなり好感度が上がるようです。好感度を上げると思わぬサービスを受けられるかもしれませんよ。